1. ホーム
  2. 産後 抜け毛
  3. ≫産後はカラーリングも楽しみたいけど、抜け毛大丈夫ですか?

産後はカラーリングも楽しみたいけど、抜け毛大丈夫ですか?

産後のカラーリング

産後すぐにでもカラーリングしてリフレッシュしたい!でも抜け毛も心配!
赤ちゃんと頭皮の為に1年間待つ事にしました。

息つく間もない育児。加えて家事。
産後はストレスがたまりやすい時期だから、カラーリングでお洒落を楽しみたいママ。
女性としては当然の事。
でもちょっと待った。

産後すぐのカラーリング、抜け毛も多い時期だけど大丈夫?

icon-finger1-r カラーリングはタイミングを間違えると、後悔しますよ。
リフレッシュやお洒落なんて言ってられない事態になります。
産後すぐの女性の身体は、とってもデリケート、頭皮も同じだよ。
頭皮環境は、「皮脂の過剰分泌」「頭皮の乾燥」というふうに乱れた状態です。
この状態で刺激の強いカラー薬液を使うと、どうなるか解りますよね。

icon-check-b-r 産後の抜け毛が酷くなる
icon-check-b-r 頭皮がかぶれる
icon-check-b-r 酷い場合は真っ赤に腫れ上がる

産後の頭皮は、女性ホルモンバランスの乱れで乾燥しています。

頭皮の乾燥は、血行を悪くし、発毛・育毛に必要な栄養素が行き届きづらい

                                           icon-arrow4l-r-b
ここでカラーリングによる強い刺激を受けると、頭皮は毛穴を閉じてしまいます

そうなると、正常な毛が生えない、毛が細くなる、毛が切れやすくなる、産後の抜け毛は悪化しますよね。
おまけに薬液の刺激は強い。
産後のデリケートな時期に使用すると、頭皮はかぶれる、酷い場合は真っ赤に腫れる事もあるんだよ。
髪の生え際やつむじ部分だけだったかぶれが、顔ぜんたいに拡がってしまった人もいるみたい。
肌が敏感な場合、抜け毛で薄くなっている箇所が腫れ上がり、酷い痛みも伴うこともあるんです。

産後のカラーリング、いつからOK

産後の抜け毛が落ちつくのは、産後6ヶ月~1年です。
休止期だったヘアサイクルも、ほとんどが成長期へ変わって、健康で丈夫な髪が生えてきます。
乱れていた女性ホルモンも落ち着いて、それに伴い頭皮も健やかな状態へともどります。

カラーリング薬液に含まれる「過酸化水素」

icon-finger1-r 過酸化水素水の毒性は、農薬の約140倍、20ccで致死量に達すると言われています。
産後の弱った頭皮に、強い刺激はダメ!
産後の抜け毛が悪化する危険がある。


産後の状態も個人差がありますが、カラーリングの目安は、アホ毛が生え揃ってからかな。
アホ毛が生え揃うという事は、ホルモンバランスも落ち着き、頭皮環境も正常に戻っている状態なんです。
リフレッシュやお洒落の為にカラーリングをするのなら、時期を誤らないで下さいね。

産後のカラーリング、赤ちゃんへの悪影響考えたらダメでしょう。

icon-finger1-r 薬液の箱の裏側か取扱説明書で、読んだことがありませんか?
「妊娠中・授乳中は使用を控えてください。」と書かれています。


妊娠中、産後は頭皮をはじめ皮膚がデリケートになっているので、皮膚トラブルを起こしやすいですね。
ほんのちょっとのかぶれの症状が、少しずつ悪化して、最終的には顔全体が蕁麻疹状態になった人もいます。

カラーリング剤に含まれる過酸化水素や環境ホルモンといった物質は、呼吸によって体内に取り込まれる事もあります。

icon-finger1-r お母さんが口にしたものは赤血球などの血液成分が除去され、母乳になるんです。
呼吸で取り込んだ悪性の物質も母乳に出てしまうので、「赤ちゃんの健康が第一」と考えれば、カラーリングは控えた方がいいですね。

カラーリングじゃなく、別の方法でお洒落を楽しみましょうよ。

icon-point-b-g 帽子
icon-point-b-g ヘアアクセサリー
icon-point-b-g ヘアアレンジ

産後はヘアアレンジで楽しむ

産後の抜け毛中でも、簡単にできるおしゃれアイテムだよ。
カラーリングの薬剤は刺激がとても強く、危険をともなうこともありますよ。
カラーリングは産後の抜け毛が落ち着いてから、楽しんでくださいね。