1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫少し前まで、通販のかにというと新鮮なものはないといわれていました。

少し前まで、通販のかにというと新鮮なものはないといわれていました。

松葉ガニのメスの呼び名がセコガニです。
全てメスのかになので、大きさは小さいことが多いですが、産卵期前で、卵を抱えていて味も濃厚と言われており、松葉ガニにはない味を求める方も熱く語っています。期間限定のかにで、11月から1月までしか水揚げされることはなく珍重されるのは当然です。かにの産地といえば?と聞くと、何といっても北海道ですね。
そうなるのも当たり前なのです。日本で水揚げされる毛蟹の産地は必然的に北海道になるからです。それ以外のかにの産地はどこでしょうか。

日本海沿岸でもよく知られた産地を思いつくのではないでしょうか。

ズワイガニなら、松葉ガニを誰もが思い浮かべるくらい鳥取が有名な産地となっています。

通販でかにを買うというと、鮮度を気にする方が多いと思います。

少し前まで、通販のかにというと新鮮なものはないといわれていました。

それは昔の話です。

産地で加工した品をそのまま宅配できるようになって、市場で購入して、運んできた品と通販の品が全く同レベルで味も鮮度も充実しています。通販は顔が見えない、品物を手にとって選べない取引なので、必ずしも鮮度や味に問題がないとは言いがたいので、購入先は信頼の置けるところにしてください。とれたてのかにが出回る頃にはかにの味を思い出すことでしょう。寒くなってから、熱燗でかに鍋を食べると一度食べれば、忘れられないおいしさですね。
もし、鍋を作るときに一手間かけられるなら、かにを買うのに一足伸ばして、市場まで足を運んで買ってくるともっと鍋をおいしくできるでしょう。あるいは、通販で産地から直接買うのもおいしい鍋への近道です。

これからの時期が最も美味しい蟹。旬の蟹を最も楽しめる食べ方は、まず蟹鍋、そして茹で蟹でしょう。
これまでに色々な調理法で蟹を食べてきましたが、間違いなくそう思います。

新鮮な蟹なら蟹しゃぶや刺身もいいですが、少しでも鮮度が落ちると、途端に味も悪くなってしまいます。

蟹の食べ方として塩茹でや鍋が良いと言われる理由がそれです。

それなら鮮度の劣る蟹であっても旨みが損なわれません。風味に繊細さが感じられなかったり、なんとなく物足りないときは、定番の土佐酢はもちろん、醤油やポン酢など付けるものを工夫すれば見違えるほど美味しくなるので試してみてください。

蟹通販で狙い目なのが、ワケアリの蟹。
その購入をわざわざ皆様にご推奨するのは、それなりの理由があるので、ご説明します。実店舗との差を考えてみましょう。実際の店舗の場合は、蟹のグレードも値段も通常通りであり、代金についてトクをするのは難しいですよね。

通販と実店舗の違いはここなのです。
蟹通販ならば、足が取れているとか形が崩れているといった商品でも、訳ありの品として普通より安く売っていることがあるので、形を気にしない人にとってはこの上なくお得な買い物なのです。美味い蟹を食したい、そんな時どうしたらいいかというと、「店で買うか、通販で買うかどっちかしかないだろ」と思う方、他にも方法があるのです。
それは、なにかというと、温泉へ行く、という方法です。

数ある温泉地の中でも、蟹が美味しくて有名なところがあります。

温泉地の中でも蟹が多く獲れるところの周辺に出向いて行けば、行く時期によっては蟹、そして温泉、両方が贅沢に味わえると思います。

しかし注意点が一つあり、温泉は季節を問わず入れますが、美味しい蟹は常に食べられるというというわけではないのでシーズンに合わせて行きましょう。お歳暮にかにを贈る方もいらっしゃるでしょうが、お店には内緒の注意点があります。
どういうことかといいますと、おいしそうなかにが揃っているなら特に、お店の人に選んでもらうのを避けることです。どれを選んで良いかわからないからでしょうが、お店の人に全面的に選択を任せてしまうと、店が早く処分したい品を選ぶかもしれません。お歳暮のかにには特に念を入れて、十分信頼できるお店を選んでください。

こちらもおすすめ⇒http://www.xn--eckzd6d.biz/