1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫学校卒業後ずっと同じ病院で勤務しています

学校卒業後ずっと同じ病院で勤務しています

「汗のニオイ」の原因は5つ!職業別「汗タイプ」と対策 – CanCam
2017年6月22日 … 仕事帰りに電車に乗るとなんか臭う……あれ、もしかして私、汗臭い!?なんてこと
ありますよね。このほかにもデスクワークでの作業が多い方はワキのニオイが気になる
なんてこともあると思います。 仕事中,汗,ニオイ,タイプ,職業別,デオドラント …(続きを読む)

塩辛い汗や玉のようになる汗は悪い汗だとTVで言っていました。 私は早朝など気温26…
塩辛い汗や玉のようになる汗は悪い汗だとTVで言っていました。 私は早朝など気温26度くらいの時に草取りをしたり、農作業をしていると、滝のように塩辛い汗が出ます。 30度を超える気温なら 洗濯物を干していても玉の汗が出ます。塩気もあります。 これは悪い汗なのでしょうか。 良い汗なら体を動かしても肌がしっとりするくらいの汗でさらっと味のないものなのでしょうか。(続きを読む)

学校卒業後、ずっと同じ病院で勤務していますが、気になったことがあります。
どうやら看護師は喫煙率がすごく高く、またアルコールを飲む習慣を持つ人の割合も高いです。禁煙ブームといわれて久しいですし、喫煙の害についてもよく知られてきて、少しずつ看護師の世界でも喫煙する人は減ってきたようですが、他業種と比べれば、まだかなり喫煙率は高いようです。

それから、たまにあるお酒の席などで見られる、看護師たちの酔い方、といいますか、酔態は決して可愛くも上品でも天使でもありません。

そうした姿も、日頃ため込んだストレスとせいでしょうから、なるべく発散できるといいな、と思いはするのですが、身体にはくれぐれも気をつけてほしいところです。修学旅行やツアーなどに連れ添って、怪我や病気に対しての応急処置や病院の手配をする看護師もいます。
結婚していて、子供がいたりする人は土日を休みにできたり、夜勤がない職場を望んでいます。病院以外のところで働くのであれば、そこで求められる専門の知識を保有している認定看護師や専門看護師の資格を取得していると、雇用への道が近づきます。
海外で医療に携わる者として何かできる事がないのかという考えを持った看護師の方が増えています。
実際に、海外において日本の看護師を求める声も増えていて、看護師は常に求められているのです。

海外で看護師になる場合、医師、患者との意思伝達を十分に満たすためにも、英語が必要不可欠なのです。

本気で看護師として海外で働くことを夢見るのならば、積極的に英語を学ぶようにしましょう。
看護師の職場といえば、病院と考えるのが普通でしょう。しかし、看護師の資格を使える職場は、病院の他にも色々とあります。保健所で保健師の方と連携して、地域の住民の健康上の色々なケアをするのも看護師の務めです。また、福祉施設にはドクターが常駐しているところは少なく、医療行為は看護師が行うことが多いです。
看護の学校を出て、初めて看護師として働き始めた新人だったり、他の病院から転職してきた看護師の場合、労働に見合うだけの残業手当が払ってもらえないことがあるようです。

残業代の未払いは、新人だということは何の言い訳にもならず労働に関する法律に、明らかに違反しています。

勤務時間外の労働である残業も、仕事には違いがありませんので、労働した時間分はきっちり、対価をもらう権利があります。そこそこ昔のことではあるものの、労働環境のあまり良くないきつめの肉体労働、という風に看護師という仕事は広く考えらえていた節があります。しかしながら、昨今、看護師と言えば苦労の多い仕事ながらも、それ相応の報酬が入ることを、知らない人はあまりいないはずです。看護師の手にする給料というのは、一人の女性が自身の稼ぎのみで、世帯の維持が可能なほどなのです。

つまり看護師というのはかなりの高給を期待できる仕事なのです。よく言われているように、看護師というのはとてもきつい仕事です。特に病棟勤務の場合ですと、重症患者さんもいて急に容態が変化してその処置に大わらわになったりしますし、食事の介助など、身動きの難しい患者さんのお手伝いもすべて看護師の仕事となっております。

また、かなりひんぱんに緊急の手術予定が入ることもあり、スタッフの数が少ない夜間にナースコールの数が多く、対応にかかりきりになってしまったり等、時間が経つのを忘れてしまうほど次々と仕事が飛び込んできたりもします。
同じ看護師であっても、正社員とパートでは少し差があります。正社員ですと月給制で安定した収入を得られますが、もしパートなら、給料の支払いは時給計算になるでしょう。どのくらいの額かといいますとこれは日勤のみですが、1300円、1500円、少し良いところで1800円くらい、というのが大体の相場らしいです。
時間いくらのパート勤務にしては結構良いように思えますが、医療機関で働く専門職ですし、日々、厳しい環境に身を置いていることを考えると、かなり控えめなお値段ではないのか、と言いたくなります。